境界ブロック

一昨日

昼食後に爪楊枝で歯のお手入れをしていたら

奥歯の銀歯カバーが外れてしまった

藤枝店の青木でございます。

たまたま

昨日が歯医者の定期メンテナンスでしたので

良かったです。

さて、本日は境界ブロックのお話

境界ブロックとは、敷地を区切る境界沿いに

ブロックを設置する工事です

隣地との境界、道路境界等

色々あります

設置するブロックも、スタンダードなコンクリートブロックから

化粧されている化粧ブロックと様々です

スタンダードなブロックを設置する場合

ブロックとブロックの間は1㎝隙間を開けます

目地と言われるモルタルで隙間を仕上げます

※化粧ブロックの場合は隙間を開けません

コンクリートブロック

こちらがスタンダードなコンクリートブロック

縦と横に筋が入っていますよね

これが目地と言われるものです

ブロックとブロックの繋ぎ目です

職人からしますと、この目地を埋める作業

これはこれでとても時間が掛かります

距離が長ければ長いほどです

これを改良したのがこちら

GPブロック

GPブロックと言います

一見、違いが判りませんが

実はこれ、縦目地を埋める必要が無いのです

ブロック同士がくっ付く端部を、予め加工してあるブロックです

そのため、モルタルで目地を作らずとも

設置すれば目地が勝手に仕上がって見える優れものです

何がメリットかと言いますと

前述したように、職人の手間が省けます

手間が省ける=工期の短縮に繋がります

これは弊社にもお客様にも大変メリットのあることですよね

このように、日々メーカーにて色々なモノが開発されており

それらを日々探し求めている外構業者

色々な部分で効率化、高品質化の向上に努力しています

というお話でした。

あすなろガーデン

是非一度あすなろガーデンへお問い合わせください。

皆様のご来店お待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>