昔ながらの水盛り遣り方!?(*゚▽゚)ノ

みなさん こんばんは(*゚▽゚)ノ


静岡店の石上です。

水盛り遣り方(みずもりやりかた)って

皆さんご存知でしょうか?

 

エクステリア工事をやる上で

必要不可欠な工事です。

 

水盛りっていうのは水平の印をつけること。

遣り方っていうのは、建てる場所の回りにめぐらす板や杭のことです。

 

今ではこんな機械でパッと測れるが

その水盛りってやつの昔名がらのやり方を体験しました(*゚▽゚)ノ

原理は簡単、水位は必ず水平に保たれるので

必要箇所に杭を打ち高さの基準を作ると言うもの

測りたい一番高いとこにバケツを置き

水盛り遣り方

測りたい位置に柱を立てていきます。

バケツにホースを突っ込みます。

水盛り遣り方

トンカチに結ばれたホースが水の中に入ってます。

バケツの中の水位が基準となります。

ホースの反対側の端部まで

水がいきわたるように吸い込み

準備完了!( ̄∇+ ̄)

水盛り遣り方

1点目の赤線~

水盛り遣り方

2点目の赤線~

こうやって2か所以上柱にホース内の水位

を移せはどちらも同じ高さの基準線が引けることになります。

 

当たり前ですが、これが結構正確!!( ̄∇+ ̄)

エクステリアの場合はこの水位を基準に

2点の高低差を測りながら、いろいろな高さの設定していきます。

 

例えば。。。

1点目の赤線から土の地面が500mm

2点目の赤線から道路が800mm

そうすると1点目の土の地面~2点目の道路の高低差が

300mmとなります。

1点目の土の地面が高くなるので

土が2点目の道路の方に流れてしまします。

そこで、2点目の道路側に200mmの高さのブロックを2段積むと

300mm以上の高さになるので

土は1点目の高さで一定にならす事が出来ますので

道路には土は流れ落ちないと言う寸法です(*゚▽゚)ノ

 

ま~そう言われても( ̄ロ ̄|||)

って ところですが。。。。

 

昔ながら水盛り遣り方工事を体験いたしました。

 

 

 

 

素敵なエクステリアをお考えのあなた!

お近くのあすなろガーデン各店へ(*゚∇゚)ノ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>